サービス

補助金申請サービス

Subsidy Application

OUTLINE

補助金を利用してドローンビジネスを始める際の申請業務を支援します。

また、補助金申請だけではなく、事業計画に置いて必要になる資金調達、

機材の調達や人材の育成など総合的なサポートもご対応しています。

hojo-icon

代表的な補助金の種類と概要

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進(経産省)

規模

最大1,000万円、補助率 1/2(最大3/4)

概要

中小企業・小規模事業者等が、今後取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資等を支援するもの。

小規模事業者持続化(日本商工会議所)

規模

最大100万円、補助率 2/3〜3/4

概要

中小企業・小規模事業者等が、自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするもの。

IT導入(経産省)

規模

最大450万円、補助率 1/2

概要

中小企業・小規模事業者等が、自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするもの。

事業再構築補助金(経産省 新規)

規模

最大6.000万円、補助率 2/3

概要

ポストコロナ・ウィズコロナの時代の経済社会の変化に対応するため、中小企業等の思い 切った事業再構築を支援するもの。

自治体が設定する補助金

規模

自治体独自で設定されたもの。
calender-icon

補助金の申請時期について

詳細は下記のPDFをダウンロードください。

 

calender-icon

補助金申請支援サービス

補助金申請支援サービスの特徴

〇補助金申請だけでなく、事業計画において必要となる資金調達方法や節税方法についても支援いたします。
〇事業に必要な機材の調達、パイロット人材の育成についてもご支援いたします。
〇事業展開において、ミラテクドローンとのビジネス連携についても検討いたします。

補助金申請支援サービスの提供フロー

補助金申請のポイント

●申請内容の正確性
「補助金適正化法」にのっとった運用がされるために、不正申請や不正利用、虚偽の報告や違法行為については厳しく取り扱われるため、申請や受領にあたっては、要件に定義された必要書類を間違いなく揃える事、内容についても公募要領に沿った記載を行うことが求められる。
●事業計画の記載内容
補助対象の事業計画の要件は基本的に「拡大」「革新」「変革」「新規」の要素を盛り込むことが求められるため、補助金申請にあたっては基本的な姿勢として、取り組もうとする事業をしっかりと説明することが重要である。
●補助金入金のタイミング
全て採択されるものではないこと、補助金は後払い清算となることを念頭に資金繰りについて準備は必要である。また、採択されても、申請した内容での事業を完遂し、適切に事業報告がされ、その審査が通って初めて入金される。
●補助金受領後の報告義務
補助金受領後においても、提出した資料等は5年間の保存が必要であり、補助金の種類によっては、5年間の申請時目標の達成の義務を負い、未達成の場合は補助金の返還が発生する。

サービス内容、料金

提携行政書士

野崎行政書士事務所 行政書士、FP技能士 野崎 尚宏
・所属:日本行政書士連合会東京都行政書士会 登録番号19081198)
・住所:東京都目黒区三田二丁目10-14-201

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

球場

劇場・ホール